FC2ブログ

夏が来る度に思い出す事。

今、ブログに掲載しようと、写真を撮ってみて、あれから
もう5年も経つんだと改めて思いました。
この時期になり、ニュースで水辺の事故を見る度に思い出す事があります。
海やプールに行くと、我が子はもちろんのこと、周りに対しても
監視の目を休めません。
「俺の周りでは、誰も死なせはしない」そんな意気込みです。
例え、変質者に間違われそうになってもです。
あるんですよ実際に。子供って水の中で完全に力を抜いて
漂う遊びをしますよね。で、少し見て動かなかったら
水面に引き上げるのですが、逆にビックリしてこっちを見る。
いつの間にか横にいた親に睨まれるって事が(笑)
その日は串良のプールに家族で遊びに来ていて、
私たちが水に入って直ぐの事。いつもの様に監視を開始すると
私の方にゆっくりと、水の底のほうを漂って来る子供がいました。
私も少しは学習しているので、10秒待ちました。
動きません。全く動きません。
横にいる妻に「これは遊びじゃないかも」と言うと
妻は慌てて引き上げました。
唇が真っ黒です。「嘘でしょ!!」と妻が叫ぶと同時に
プールサイドに上げて呼びかけを開始しました。
意識がありません。っていうか手足の先も黒紫色になっています。
5歳前後だろうと思いました。
数週間前に、たまたまネットで見た、津波にやられて死んだ人の
写真の表情と同じだったのでゾッとしたのを覚えています。
妻が頬を叩きながら呼びかけを続けているので
「意識ないね、人工呼吸して」と言うと妻はうなずき人工呼吸を開始。
近くの監視員を大声で呼ぶのですが気づいてくれません。
私の大声に人が集まって来ましたが、それでも気付かないんですよ。
騒ぎに気づいて母親が来ましたが泣き叫びながら何処かへ行ってしまいました。アレ?
何度か息を吹き込んだときにやっと「うう~」っと子供が唸りだしました。
丁度そこへ非番で遊びに来ていた救急隊員のかたが来て子供の体位を変えたら、水を吐き出して泣き出ししました。
助かった~ 良かった~ 私は何もしていないですが
なんかホットして、その場に座り込みたい心境でした。
その子は救急車で鹿屋の病院に運ばれたそうです。
P1030112(1).jpg
発見しただけの私は賞は頂けません(笑)
授賞式が9月9日 救急の日 だったので、地元のTV局に
明るいニュースとして、取材をお願いしようかなとも思ったのですけど
ちょうどその、ひと月ちょっと前でしたか、近所の前川という川で
子供が水死する事故があったので、その子の親がまた悲しむと
いけないと思って控えました。
その事故があってから私の子どもたちは海やプールに行きたがらなく
なってしましました。
私も今回は助かりましたが、発見までにもっと時間がかかっていたら
誰がやっても蘇生させることは出来ないと思います、でも妻は自分を責めて
一生悔やむと思うんです。
だから、もう自分も監視するのはやめにしようかなって
弱気になりました。
私の妻は看護師なんです。で、今回も安心感があったのですけど
帰り道の車の中で妻が「人工呼吸なんて看護学校の授業でやって以来、何十年振りやった」
え~~~っ!!!((((;゚Д゚))))って感じでした(笑)
病院での人工呼吸はアンビューってやつを使うそうです。
中には真面目に責任をもっている監視員の人もいるでしょうが、
「ライフセーバー以外の監視員は飾りです。親達にはそれが分からんのです!」
プールサイドで携帯いじったり、一緒に来た親同士で喋ってないで
子供から絶対に目を離さないで下さいね。
長くなってごめんなさい。
今、23時過ぎ。
今から夜釣りに行って参ります!

うなぎ釣りは良好なようです。

日曜日は曇りの予報だったので、早めに寝て3時頃から
出撃する計画でしたが、夕方に改めて予報を見ると、
日曜はは雨に変わっていました。
ならば、今しか無いと、またまた串間の福島川へ。
 
対岸ではうなぎ釣りをしている様子で、時折竿先に付けている
鈴の音が聞こえます。結構釣れている様子でした。
たまにナマズが釣れるみたいで、大きい時は歓声が上がっていました。
ナマズならルアーでも……、サシミペンシル投げようかな、引き波は
派手だし、音もうるさい位に出るし……。と、浮気心が。。。
否!今日はシーバス、今日こそはシーバス!
 
で、結局ボ~~~ズ!

はじめてのナマズ釣り、やってみれば良かった…。

久々に魚♪

こうなったら意地でも福島川で釣ってやる。という訳で
またまた福島川へ。
 
22時頃から始めていつも通りに釣れない穏やかな時間を
過ごしていました。
休んでは投げ、投げては休み……、異常なしって感じです。

しばらくして、立ち位置から10m位上流の岸際で小魚が逃げたので
少しその先へキャストして引いてみると食いつきました。
前回のエバとは違い、エラ洗いもしてくれたので今日こそ
シーバスだとワクワクです。

ワクワクと言えば、教育テレビのワクワクさんに出てくる
ゴロリ君はあの着ぐるみの手で器用だなと関心します。

2回ののエラ洗いに耐えて無事に上げ、ライトで照らすと
目が赤く反射してました。アカメです。
DSCF0178(1).jpg
サイズは小さかったですが初物なのでスケールを出して撮影。
ルアーを丸呑していて少し出血もあったので
急いで返そうと持ち上げたら結構元気に暴れてくれたから
安心してそのままドボンと水に入れたらひっくり返ってしまいました。

慌ててタモですくって、指先がゴムで覆われた軍手をはめて
口を開いて前後に動かすのですけどまったく動かない。
しばらく続けているとたまに口を動かしだしました。

動け 動け 動け 動け 動いてよー!

本当にそんな心境でしたよ、そしたら動き出してくれました。
良かった~ ゆったりと泳いで消えていきました。
死なれてしまっても食べる気にはなれないので良かったです。


久々の【覚え書き】
満潮 0:40 の約1時間前 小潮
ルアー:ショアラインシャイナーR40+SSR F
多分カラーはカタクチZ

PSもしくは追伸。

そうそう、この前みたいに
犬の散歩をしているお姉さんに見とれてルアーをロストしないために
「根がかり回収装置」なるものを購入したんですよ。
SN3A0277.jpg
そんな物を買う前に、見とれてないで釣りに集中しろよ!ってですか、そうですね。
 
スナップスイベルをご使用下さい。って書いてありましたが
私はスナップだけを使っているので残念。と
思ったけど、試してみるとなんとかスナップでも使えそうです。
 
綺麗なお姉さんが通ったらブログに……、ではなくて
根がかりしたらブログに書きますね。
 

パッとしませんです。

相変わらず、休日は懲りずに釣りにいっています。
先週末も土日、串間の福島川に夕まずめ前から行ってきました。
 
土曜日は下げ始めて、しばらく経った後、暗くなってから
また逆流し始めた時に川一面でバシャバシャとボイル状態の音と
微かに見える白い泡。
しかし、ルアーには反応なし。
忙しくルアーを交換してみても全て無反応。
その内に足元の用水路でもバシャバシャが始まったので
手で光を絞ってライトを当ててみると、ガッカリですボラでした。
普段どおりの数匹ジャンプなら当然見えなくても分かるのですけど
川幅80m程の川一面ですから、おそらく数百匹の一斉ジャンプは
超激しいボイル状態の音にしか聞こえませんでした。
 
日曜日は日没後に薄暗くなって来た頃、所々で小魚が逃げる姿が
みえたのでキャストしたら、残念、小さなエバでした。
SN3A0276.jpg
その後も同じような光景ばかりで
エバの日開催って感じだったので帰宅しました。
 



昼間の肝属川

午後4時頃、肝属川の水門辺りを覗いてみました。
本当はサーフで遊ぼうと思っていたのですけど
海からの風が強すぎたので川に。
 
投げる度に10センチ程のフグを引っかけます。
 
テトラが沈んでいる間も試そうと思っていましたが
以前見たときより間が砂で埋まってしまっていました。
水門の付近に下っていくと、オシャレな格好でルアーを
投げている人の足元でボイルしているのが見えました。

後で聞いてみると、セイゴの群れだったそうで。
ルアーには無反応だったそうです。
 
結局私はバイブレーションを1つロスト。。。
太陽が沈みかけてきたので逃げるように帰路につきました。
 
最近、シーバスっていうのは都市伝説なんじゃないかと
本気で思うようになってきました。

準備だけは万端

昨日から水曜日まで4連休に入りまして、相変わらず
釣れない釣りをやっております。

ブログに書いていませんが休日は、ほぼ釣りに行って
いるのですが、まったく釣れておりません。
 
釣れなくても希望は捨てずに、こんな物を購入しました。
ピュア・フィッシング・ジャパン 35#デジタルスケール
何かの間違えとかで、大きいのが釣れた時に長さだけでなく重さも
量ってみたいなと思ったんです。

なら釣れよってですか、そうですね。

明日の丑三つ時、位に出撃してみます。

ハ~イ!

金曜日の22時頃から肝属川へ。
もちろんゴースト的に怖くない河口近辺です。夜の上手には怖くて行けません
今夜は見える範囲に釣り人が一人も居ません。
対岸からもシュッ!って音が聞こえない。

そのうちだんだんと怖くなってきました。先日観たシーバス王って
雑誌に付いていた「シーバスルアー極意」ってDVDが悪いんです。
その中で 「見えないものが見えるようになっちゃうんですね、
ゴースト系っすよね」って言ってたんですよ。

たまらなくなってtwitterに
:見える範囲に釣り人が1人も居ない肝属川。段々怖くなってきたよ

とつぶやくと、リプライを頂いた
:******** @mumury お疲れ様です。誰もいないときのほうが釣れますよ!
寂しいなやめよかなと思ったときは、腹ごしらえして、
サザエさんの曲を口ずさみます。くれぐれもご安全に。。。

:mumury @******** おさかなくわえたどら猫♪よし!ありがとうございます。

有りがたい。
勇気リンリンやる気復活!

だけど、少しして砂地を歩く足音の幻聴が聞こえました。
「お魚くわえたどら猫~♪」おお、いいね。
キャスト再開。
しかし、その音が小走りに!
車に戻り即発進.。漁港の明るい場所に停めて、落ち着いたので
twitterをみると
:******** @mumury よっしゃ!行きましょう!私は今、シマノTVで釣り気分です。。。
エアフィッシング。。。釣り行きてぇ~

:mumury @******** 砂地を歩くような足音の幻聴が小走りにパワーアップしたので、
サザエさんを倍速で口ずさみながら逃げ出して来ました。

なんか憑かれた…、じゃない、じゃない。なんか疲れたナイトゲームでした。
 
帰る途中、コンビニの駐車場に車を停めて財布を忘れている事に
気付きました。

今夜の流れは家を出る時点で既に決まっていたようです。

明日はエギングに行こうかな。

ざわわ ざわわ♪2

金曜日は夜にシーバスを狙いに行って撃沈。
 
土曜日は午前中に去年刈り取ったサトウキビの植え付け作業。
SN3A0246.jpg

夜になって性懲りもなく再びシーバスを狙うも返り討ちに。。。
 
今日、日曜日は昼前までエギングに行き100g 位の子供イカが
釣れたので、大人を連れて来るようにと放す。
SN3A0247.jpg
常連さんから2日程前に1キロを超えるのが上がったと聞いて
やる気満々で臨んでいたのですが、その子供イカは約束を守
ってくれず、またもや撃沈。
 
夕方になると血が騒ぎ出したので、懲りもせず飽きもせずに
シーバスを求めて出撃。
そしてボロボロになって、あえなく退却。
 
充実した、釣果は充実してないけれど、実に充実した週末でした。

   「≠」

きょうは絶好の釣り日和。
計画していたポイントも全て回ることが出来たし。

その内の1つ、サーフポイントは、いつも数隻の漁船が
曳き釣りをしているので、魚が居ないわけでもなさそう
なのですが、わたしはダメでした。
DSCF0165(1).jpg
小型船は結構近くを曳いて走ります。
 
結果は、またしても惨敗。
教訓! 釣り日和≠釣れる

プロフィール

最新トラックバック

ウェザーニュース

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード